登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 虫歯と脱灰の関係と虫歯の進行の紹介

虫歯と脱灰の関係と虫歯の進行の紹介

むし歯は口の中のミュータンス菌歯の質糖質という3つの要素に加え、時間の経過とともに発病します。むし歯菌が酸を作り出して歯を溶かすことでむし歯ができます。最初は歯の表面に着色するくらいですが、徐々に歯質を溶かしながら進行します。

 

脱灰と虫歯の関わり

私たちが口にするほとんどのものは虫歯菌の栄養源となる糖や炭水化物が含まれています飲食するたび、虫歯菌は酸を出すので、口の中は酸性の環境になり、その酸に長時間さらされることで歯は溶けてしまいます。その働きを脱灰といいます。そして脱灰が続くと歯の結晶酵素が破壊されて虫歯になり穴が開きます。

 

C1~C4の虫歯の状態

1、歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。

2、虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。

3、歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。

4、歯肉から上の部分はほとんどなくなり、根だけが残された状態。

C3以上の虫歯の治療は根管治療機器や根管材料電気加熱注入器などの歯科器材を利用することが必要です。

 

早期発見と早期治療

生涯にわたり、おいしく食事をいただくためには、口腔内の環境を良くすることが大事です。虫歯がある場合はまず虫歯治療をすることが第一歩になります。大人の虫歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。

http://www.zetadental.jp/category-1953-b0-根管材料電気加熱注入器.html

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp