登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 入れ歯を慣れるまでの注意点と種類の紹介

入れ歯を慣れるまでの注意点と種類の紹介

歯を失ったときの治療法としてもっとも一般的な入れ歯治療。同じ補綴治療のうち、ブリッジは両隣の歯を大きく削って支えにする必要があり、インプラントは手術が必要であるためどなたでも治療を受けられるとは限りませんが、入れ歯であればさまざまなお口の状況に対応が可能です。コントラアングルは入れ歯を製造する時に利用することがあります。

 

最初のうちは噛めない、話せない、など不快なものです。食事をすると痛くなることがありますまずは慣れて下さい

1、奥歯で無理に固いものを噛まないようにしましょう。

2、サシスセソタチツテトなどの発音練習をしてみてください。

3、最初は食べやすい物を選び細かくして少しずつ食べるようにしましょう。

 

保険適応の入れ歯

プラスチックの樹脂と簡単な針金を使っているため、たわみやすく、咬んだときに歯に負担がかかりやすいなど、あまり望ましい構造ではありません。また、強度不足を補うために、入れ歯は大きく厚くなります。しかし痛い、咬めない、不適合な入れ歯というわけではありません。

 

自費でつくる義歯

自費の入れ歯の最大のメリットは保険の制約がないため、患者さまのご希望やご予算に応じてピッタリあう最良の入れ歯をつくることができます。入れ歯の違和感を小さくしたい方、見た目が気になる方、食感をもっと楽しみたい方などにお勧めの入れ歯です。

http://www.zetadental.jp/category-1967-b0-低速ハンドピース.html

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp