登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯周病の原因、進行と対策のこと

歯周病の原因、進行と対策のこと

歯周病は歯茎や歯を支える骨が歯周病菌に感染し、炎症を起こす感染症です。痛みがないままに進行するために、気がついたときには骨が溶けてしまい、歯を失うことになる可能性があります。症状としては、歯磨きをすると歯茎から血が出る、口臭がする、疲れたときに歯が浮いた感じがする、歯がぐらぐらする、などです。歯周病の治療は専門な歯科機器による協力が必要です。

 

歯周病の原因

1、歯周病菌 口腔内には500種類以上の細菌がいる。その中の複数種類の総称

2、生活習慣病的要因 喫煙、糖尿病、過度のストレス、歯軋り・くいしばりなど

3、遺伝的要因 家族に歯周病にかかっている方がいる場合は、検査を行いお口の状態を把握することが必要です。

 

歯周病の進行

歯肉にのみ炎症があるもので、歯根膜や歯槽骨まではまだ破壊されていません。歯槽骨が歯根の長さの3分の1まで消失してしまったものです。歯槽骨が歯根の長さの3分の12分の1まで消失した物です。炎症がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいものや熱いものが凍みたりする事があります。歯槽骨の破壊が大きく歯根はほとんど支えられておらず、大きく動揺しています。

 

予防と治療

歯科医院などでの治療は、患者さんのお口の中を診査・診断した上で、その人に適した治療計画に沿って行なわれます。歯周病の予防及び治療の基本はプラークコントロールですが、これはセルフケアとプロフェッショナルケアの2種類に大別され、特に重要となるのが患者さん自身が毎日行うセルフケア。

http://www.zetadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp