登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 全身の病を招く歯周病の対策

全身の病を招く歯周病の対策

歯周病とは、歯を支えている組織や骨が細菌に侵される病気です。歯の根元にこびりついた歯垢の中で、細菌が繁殖すると、歯と歯の間の歯肉が炎症を起こし、赤く腫れます。歯を磨くと、歯肉から出血します。そのまま放置していると、やがて歯がグラつき始め、ついには歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。

 

歯周病は口腔内だけの問題ではありません。歯周病菌による毒素や炎症を引き起こす物質が、歯周病に冒された口の中の病巣から血液中に入っていき、糖尿病や心筋梗塞、肺炎、低体重児出産などを引き起こします。最近の研究で、これらさまざまな全身疾患と深い関わりがあることが報告されています。口腔内が汚れている重度の糖尿病患者の歯石を取ったり、歯磨き指導を行うと、血糖値が下がることも報告されています。

 

歯周病の治療法

歯のクリーニング

歯のクリーニングとは、歯科医師や衛生士によって、歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢(プラーク)を専用の機械や器具で取り除く治療法です。歯科スケーラーを利用することもあります。

 

フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

http://www.zetadental.jp/category-1959-b0-超音波スケーラー.html

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp