登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > インレーとクラウンの違いと材料の紹介

インレーとクラウンの違いと材料の紹介

インレーとクラウンの違い

虫歯が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は、インレーを行います。虫歯が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は、「クラウン」というセラミックの被せものをします。被せものによって、歯全体の形を変えることができるのでクラウンは歯並びの矯正をしたい時にも行われます。治療時間は、歯を削る量が少ないのでインレーの方が短くなります。クラウン治療の前には根管治療機器や根管長測定器などの器材による根管治療が必要です。

 

インレーとクラウンの材料について

ハイブリッドセラミック

セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。保険のプラスチックのかぶせものよりも、より永く白く美しい歯を持つことが出来ます。色調は白い天然の色になります。金属アレルギーの心配もない体に優しい素材です。価格はセラミックよりも安価です。

 

オールセラミック

オールセラミックはセラミックの革新的な材料です。何が革新的かというと天然の歯のような透明感が出せるということです。従来の差し歯や、保険の効く白い歯では、どうしても色が浮いた感じとなり、治療した歯というのがわかってしまうことが良くあります。オールセラミッックで治療すると、天然の歯のように、歯の境界がぼやけた感じとなり、自然な見た目となります。

 

 

メタルボンド

メタルボンドは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。金属で補強しているので耐久性があり、奥歯のクラウンやブリッジの治療に用いられることが多くあります。しかし、透明感や色調は金属を使用していないものよりも劣ります。また、経年的に歯茎が痩せて金属部分が見えたり、金属イオンが歯茎に付着して黒ずんだりするなどの問題が生じることもあります。

http://www.zetadental.jp/category-1956-b0-根管治療機器.html

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp