登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > インプラントのメリットとデメリット及び治療後の定期検診について

インプラントのメリットとデメリット及び治療後の定期検診について

インプラント治療は、歯を失ってしまった部位にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を取り付けて咀嚼機能を回復する治療法です。チタンは極めて安全性の高い金属であるため、拒否反応を起こさずにしっかり顎の骨と結合します。自由診療であるため、入れ歯より高額な治療費を必要としますが、自分の歯と同じように思いきり噛むことができます。この治療法はインプラント装置(歯科通販)が必要です。

 

インプラント治療の利点

1、固定性であり動かず良く噛める。
2、入れ歯と違い取り外しの必要はなく、外したいときには、歯医者が外せる。
3、入れ歯のようなバネがないため審美性に優れている。
4、ブリッジと違い隣の歯を削らなくて良い。

 

デメリットの面
1、保険適用外のため治療費が高い。

2、手術を行わなければならない。

3、インプラントと骨との結合を待つため治療期間がかかる。

 

治療後の定期検診

インプラントの治療終了後は、半年から1年に1回の定期検診を必ず受けて下さい。各部ネジの締まり具合の点検や噛み合わせの調整を行います。また、ご自宅でも自分の歯と同じように正しい歯磨きを通してのプラークコントロールを行って下さい。インプラントを長く快適に使っていただくためにも、しっかりとアフターケアを行うことが大切です。  

http://www.zetadental.jp/


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp