登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病の主な原因および歯周病危害について

歯周病の主な原因および歯周病危害について

 歯周病とは、歯肉や歯槽骨など歯を支えるまわりの組織全体に起こる病気の総称です。

成人では多くの人が歯周病にかかっていると言われており、最近では10代で初期段階が始まっていることもあります。歯科病気の治療は専門な器材に離れません。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病の主な原因は、歯周病菌が多数生息する口腔内の歯垢や歯石です。そのため、毎食後の歯みがきが不十分な場合、歯周病菌が増殖しやすい環境になり発症するリスクが高まります。ほかにも歯周病になる原因として以下のことがあります。

歯ぎしり。2くいしばり。3喫煙。4ストレス。5多量の飲酒。6不規則な食習慣。7咬み合わせ不良

 

歯周病は、お口の中だけで終わる病気ではありません。最近の研究では、全身疾患とも深く関係していることがわかってきています。歯周病の細菌は、炎症を起こした歯肉から体内に入り込み、ときには血管に入り込んで全身に運ばれてしまいます。するとさまざまな全身疾患を引き起こしたり、持病を悪化させたりといった事態を引き起こすのです。そのため、歯周病の予防は大切です。

 

歯周病の治療はまず生活習慣を改善することから開始します。比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTCによる汚れの除去などを行います。しかし、進行が重度の場合は、フラップ術やGTRメンブレン法などといった外科的手術が必要になるケースもあります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp