登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病になりやすい人と歯周病の主な症状

歯周病になりやすい人と歯周病の主な症状

 歯周病とは?

歯周病は、歯と歯根の表面に付く歯垢、つまり、細菌の塊に感染することによっておこる炎症性の病気です。歯ぐきが腫れる症状にとどまる歯肉炎と歯を支える骨までとける歯周炎の大きく2つに分類されます。一般的に若い年齢のうちは歯肉炎にとどまっているのですが、放置しておきますと、30歳頃から歯周炎の症状が始まり、ゆっくりと進行します。重症になりますと、歯が自然に脱落してしまいます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

歯周病の主な症状はなんですか?

歯肉が赤く腫れている

歯ぐきから血が出る

歯ぐきから膿が出る

口臭がある

グラグラしている歯がある

 

歯周病になりやすいタイプはどんな人ですか?

細菌さえいなければ、歯周病になる事はありません。しかし歯周病菌の量が同じでも歯周病になりやすい人というのはあります。その例としては歯ぎしりや食いしばりが多い方、歯並びの悪い方、喫煙している方、糖尿病の方、ストレスが多い方、食生活の偏った方などです。このような方はより歯周病に気をつける必要があります。

 

歯周病の予防法はなんですか?

歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためにはまず、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp