登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > なんで口臭を起こるのでしょうか

なんで口臭を起こるのでしょうか

  口臭は、本人やまわりの人が不快に感じる呼気(吐く息)のニオイであり、口臭があると自覚がある人は80%を超えるといわれます。誰もが一時的に強くなる生理的なものもあれば、舌苔(ぜったい=舌にたまった食べカスや粘膜、細菌のカス)の異常や歯周病などお口のトラブルに原因があるものもあります。本当はそれほど臭わないのに本人が強く気にしている心理的な口臭もあります。

 

  歯を磨いているのに歯と歯の間や差し歯の下の口臭が気になる方も多いのではないでしょうか。歯と歯の間や差し歯の隙間は最も虫歯になりやすい場所です

 

  口臭の原因というと、虫歯や歯周病またはかみ合わせなどにより起こります。虫歯になると、虫歯で穴が空いて臭くなったり、差し歯の中で虫歯が進行して臭くなったりして、口臭を起こすのです。または、虫歯菌が神経を腐らせて臭くなったことも挙げられます。

 

  不快な口臭のほとんどは、剥がれおちた粘膜のカスや唾液、食物のカスなどに含まれるタンパク質が、口の中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスです。口臭の素となるガスには主に次のような種類があります。

 

 ・ メチルメルカプタン:たまねぎが腐ったようなニオイ

・  硫化水素:卵が腐ったようなニオイ

・  ジメチルサルファイド:キャベツが腐ったようなニオイ

 

 口臭が出てしまうような虫歯は進行してしまった虫歯です。歯科器具により、歯を削る治療や抜歯をしなくてはいけないこともあります。歯の寿命は確実に短くなってしまいます。定期的に歯医者でクリーニングを行い、お口の中の変化を担当の歯科衛生士にチェックしてもらうことによって、大事になる前の予防や治療を行うようにしましょう。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp