登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 妊婦のほうはⅩ線を撮れますか

妊婦のほうはⅩ線を撮れますか

 歯科Ⅹ線撮影、またの名はレントゲン照射と言われます。現在Ⅹ線撮影は歯科分野にとっては、欠かせない重要な一環として、全部の歯科病院に愛用されています。Ⅹ線撮影を利用して、治療前に口腔内の状況や疾患の変化、そして治療の範囲や位置などが確認できて、治療中に治療の深度や手術位置などを確認できます。それだけではなく、治療後の結果や治療効果なども確認できます。

 

 Ⅹ線撮影により、虫歯発病範囲を確認できるだけではなく、虫歯の発病原因は歯茎の炎症かまた歯他の炎症で起こることも確認できます。虫歯の治療だけではなく、ほかの治療にも、Ⅹ線の撮影で、色々証拠を提供できます。

 

 でも、問題点は、妊婦の方はⅩ線撮影を撮れますか。

 

 妊娠の準備時間中では、もししょうがなくⅩ線を取らなければならない場合は、撮った六か月後また妊娠をお勧めします。もし、すでに妊娠した場合は、妊娠から三か月まで撮影がお勧めしません。初めてに三か月は赤ちゃんが敏感で、撮影などを医療機器により変形するリスクがあるので、遠慮してください。そして、三か月後、もし撮影をしなければならない場合は、専門的な保護用前掛けをつけてください。

 

 もちろん医療機器などは妊婦に多少の障害があります。でも、妊婦さんのほうは、合理的な時間帯で、適当な保護をつけて検診などを受けると、大丈夫だと言われます。そうといっても、できるだけⅩ線などを控えた方はお勧めします。そして他の医療機器もできるだけ控えてください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp