登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > ハンドピースを長く使えるように

ハンドピースを長く使えるように

 まだ使い捨てのハンドピースを普及していない歯科病院にとっては、ハンドピースの寿命を大切にしているはずなんだと思いますが、歯科ハンドピースを長く使えるようにどうすればいいのか知っていますか。業界では誰でも知って言いますが、ハンドピース(タービン)は歯科病院にとってとても欠かせない重要な武器ともいえるんです。では、早速城はハンドピースを長く使えるように注意ごとについて少し検討していきましょう。

 

 1.ハンドピースを使う前には、コンプレッサーからのエアーが水やオイルなどがないことが確認しておきましょう。そして、ユニットやチェアから出てくる水が異物のないように、注意してください。そのほか、チェアの気圧は40psiを超えないように調整してください。そして、ハンドピースその自身の温度が室温に戻ることも確認しておいてください。

 

 2.使用中:エアーの気圧は40psiを超えないように使用しながら確認してください。使用中できるだけバルクバーや、ロングバーをつかわないようにしてください。そして、摩損したバーを使用しないでください。もし、摩損したバーを使うと、ベアリングを壊したりすることがよく起こりますので、ぜひご注意ください。

 

 3.使用後:滅菌前にはまず洗剤でハンドピースを流して洗浄してください。注意すべきなんですが、滅菌温度は135°を超えないように、滅菌前に温度を確認してしてください。そして、滅菌後直ちに滅菌器からハンドピースを出して、専用密封袋で保管してください。もし、滅菌後注油が必要な場合は、二三滴オイルだけで結構です。

 

 4.週ごとにメンテナンス:週ごとに一度軸のことを洗浄してください。

 

 5.シーズンごとにチェアの空気乾燥器やフィルターなどをチェックししてください。

 

 6.軸交換:軸を交換する前にまずは洗剤でハンドピースを掃除してください。そして、定期的にOリングネジ、そして固定パーツを交換してください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp