登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科ハンドピースの内部掃除についての話

歯科ハンドピースの内部掃除についての話

 現在歯科分野の発達につれて、歯科器具への需要も多くなっていきます。でも、歯科器具の使用につれて、使用中器具の問題もいろいろ起こしました。それらの問題については、実は日常のメンテナンスにより回避できます。今日は、歯科ハンドピースの内部掃除(注油・円滑)について少しお話します。

 

 歯科ハンドピースの掃除をきたら、注油のことだと専門者の誰でもわかるはずですね。注油は、ハンドピースのメンテナンスにとっては、欠かせない重要な一環そして、ほとんどの歯科病院に用いられています。注油という流れはハンドピースの機能と直接にかかわっていて、メンテナンスによりハンドピースの寿命などを決めます。それだけではなく、ハンドピースの異常も、メンテナンスから決められるものです。

 

 現在、手動給油は、主にスプレー潤滑剤を洗浄するために使用されていますが、少数の人々はまだ、より伝統的なオイルボトルの点滴を使用しています。明らかに良い方法よりも、スプレー潤滑油ボトルドリップ道の清掃、きれいな潤滑油でストリームの吐出圧力空気とする原因は、きれいな潤滑剤スプレー方法は、パイプの携帯電話内部の汚れを奪うことは比較的容易です。また、ハンドピースのン運転を促進するので、どちらより効果的に歯科用ハンドピースの軸内の汚れや残った油を除去することができます。

 

 また、クリーン潤滑スプレーはさえに取り付けたタービンアセンブリに有益である霧の中に排出され、非常に良好な保護効果を果たしています。しかし、従来のオイルボトルドリップ方法あなたは、このような結果を達成することはできません。

 

 歯科ハンドピースへ注油することは、どうしても欠かせない重要の一環です。メンテナンスにより、歯科ハンドピースの寿命などを上がるだけではなく、患者さまにとっては、安心に治療を受けるのではないでしょうか。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp