登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 故障かな?と思ったら > 歯科用ユニットのメンテナンスの話

歯科用ユニットのメンテナンスの話

 歯科用ユニットは現在歯科分野にとっては欠かせない重要な歯科設備の一つです。1887年に第一代目のユニットが登場して以来、歯科用ユニットの性能などは色々改善を行い、現在のようなものになりました。近年、色々人道的な技術を持ちいり、ユニットの方はより使いやすくなりました。

 

 ユニットにとっては、水、エアー、電が欠かせない重要な要素です。ですから、ユニットを稼働する前には、まず水、エアーと電などの接続を確認するほうがお勧めします。うニットをセットする時に、できるだけパンプの事をユニットを離れて置く方がお勧めします。もし設備が多い場合は、中央供気という方法でエアーを提供すことがお勧めします。そういうことにより、コストを下がるだけではなく、故障も減少できますし、エアーの質も確認できます。

 

 歯科用ユニットは、歯科治療に欠かせない重要な存在であり、水とエアーと電を結んで、歯科治療を支えていく歯科設備なんです。設備の完全は治療と直接かかわっていますので、日常のメンテナンスは無視できません。

 

 ユニットのメンテナンスときたら、まずハンドピースのメンテナンスが一番大事なことです。ハンドピースはユニットの重要なパーツとして、歯科治療を支えています。ハンドピースのメンテナンスときたら、まずは消毒と滅菌のことです。交差感染はほとんどハンドピースからなることなんですので、ハンドピースの消毒は無視できません。近年の報道により、歯科治療による肝炎やエイズなどに感染した方がいらしゃることがわかりました。

 

 ハンドピースのメンテナンスについてはもう一つ大事ことは、エアーのことです。ハンドピースなりの稼働エアーがそれぞれ違います。ですから、ハンドピースを稼働する前には、ちゃんとユニットのエアーを調整して、ハンドピースに適応な気圧に一致してください。そして、もし水がない場合は、ハンドピースを空回しさせないように注意してください。そうしないと、ベアリングを故障します。

 

 ユニットの方は主に気道、水道などのメンテナンスです。毎日仕事後、エアーや水などを閉じてください。そしてスリーウェーシリンジのエアーを排除してください。

 

 他にもいろいろ注意点がありますが、次回に続けて紹介します。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp