登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > ホワイトニング剤の成分

ホワイトニング剤の成分

 

 歯を白くするホワイトニング、簡単に言うと、歯を漂白することです。自宅・サロン、歯科医院で使うホワイトニング剤・ホワイトニングジェルの主成分と濃度はやや違い、主には過酸化水素及び過酸化尿素の二種類があります。

 

■歯科医院ホワイトニング

 歯科医院で行うホワイトニングに使うホワイトニング剤の主成分は濃度35%の過酸化水素です。触媒等と配合、歯の表面に塗布しホワイトニング設備より特定波長のLEDライトの照射で歯を漂白することを得られます。また増粘剤等を加え、歯の表面に付けやすいジョル状のホワイトニング剤がいま多いです。過酸化水素と言うと、オキシドールはご存知ですか。ただオキシドール中の過酸化水素濃度は約3%しかありません。

 

■自宅・サロンホワイトニング

 歯科医院で使うホワイトニング剤に過酸化水素の濃度は35%もありますので安全性から考えると自宅やサロンで使用することは決してお勧めしません。自宅・サロンでホワイトニング際に使うホワイトニング剤・ホワイトニングジェルの主成分は濃度約10~20%の過酸化尿素になります。過酸化尿素は酸化反応により過酸化水素に変化しますが、その酸化反応は緩慢で濃度もそう高くありません。

 

 漂白の反応過程を加速化にさせるためにホワイトニング剤に触媒が添加されています。これもホワイトニング設備が必要とする原因です。歯科医院と自宅ホームホワイトニングに使うホワイトニング剤の主成分は違いますが、不注意で歯肉など歯以外のところにつけたら刺激より痛みや不快感を感じるのは同じなので、ホワイトニング剤を塗布する際に注意しましょう。

 

歯科ホワイトニング装置MD885L

歯科ホワイトニング装置MD885L

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp