登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科X線の安全問題

歯科X線の安全問題

  歯科X線とは、X線装置の事で口の中にフィルムを入れて2~3本の少ない歯とその周辺を撮影する方法になります歯科機器の一種です。

歯科X線は、歯科診断の上で欠かせない重要なもので、これなくしての歯科治療は考えられないくらいです。しかし、患者の中には歯科におけるX線の安全性に不安を抱いている方も少なくないように思われます。今回は、歯科X線の安全性についてご説明したいと思います。

 

歯科X線を使うと、小さい虫歯から大きな虫歯まで、充填物、クラウンの適合性、骨の感染、歯石や歯槽骨の状態を含めた歯周病の状態、骨に出来た空洞状の疾患や腫瘍性の疾患、歯や骨の発育異常などが診断できます。

 

歯科用X線の被爆線量は、自然界(太陽光、地中等)や医科領域のX線量と比べてもごくわずかで、生体に悪影響を及ぼす可能性は極端に低く、安全と考えられています。

 

 地震による福島原発事故で放射線の影響が心配されていますが、地球上の生物は自然の放射線(電磁波)なくしては生きてはいけません。


 私たちは宇宙・大地・食料・空気中のラドン・電気製品などから様々な放射線を受けています。


  日本では、年間平均2.1ミリシーベルトの自然放射線を受けていると言われています。

   

 がん治療の放射線照射では、健康細胞も重篤な障害を受け、多くの方が後遺症で苦しみます。


  自然の放射線は必要ですが、人工の有害な放射線=電磁波(X線、携帯電話、テレビ、電子レンジ、送電線などからも多く出ます)は受けないほうがいいに決まったいます。


 歯科用金属、接着セメントの多くは金属を含み、金属によって電磁波(放射線)の影響も受けます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp