登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯科治療と歯科保険について

歯科治療と歯科保険について

 一般歯科とは、むし歯治療や歯周病の歯槽膿漏、歯の欠損の治療など、通常通院した際に受ける治療の大半が一般歯科と言われものになり、専門的あるいは歯科機器で特殊な治療技術が必要でない一般的な歯科治療を指します。

 

 また、一般歯科での治療の大半が保険の範囲内でおこなわれるため、保険診療とも呼ばれています。

 

 ただし、同じ治療法であっても、使用する素材などの違いにより、保険適用外となる場合もあります。

 

 保険給付の対象として、予防治療、基礎治療、高額治療の他に、オプションして歯列矯正(Orthodontics)を付加することができます。また、年間自己負担上限の未使用分を翌年度以降に繰り越してご利用頂けるロールオーバー・オプションもご提供しています。

 

 歯科治療で扱う材料には、保険が利くもの(保険内)と保険が利かないもの(自費)があります。 それぞれ、何が違うのでしょう。

 

 ①材料が違います

 

 診療報酬点数表に定められているものが、保険適用の材料です。それ以外の材料は自費となります。

 

 ②コンセプトが違います

 

 保険内の補綴(ほてつ)物は大量生産で安価な商品、自費の補綴物は少量生産で高価な商品です。歯科医師の指示のもと、歯科技工士が補綴物を 制作しますが、保険内と自費ではそのコンセプトが違うため、出来上がりも違ってきます。その結果、「持ち」や「フィット感」に違いが出てきます。 

 

 歯科保険がなければ、苦しんでいるか、全国の多くの人々があるでしょう。さらに、人々がプレミアム歯科医療費の増加に対処する必要があります。たとえば、充填から$ 125のどこかかるかもしれない – $ 200彼らが住んでいる国の地域によって異なります。ルーチン検査とクリーニングが$ 200以上のことができる歯科X線と比較すると何もされている、患者に少なくとも75ドルの費用がかかります。根管などの他の手順は、化粧品歯科医療の平均1500ドルと3000ドル、手続きに応じて、最高で$ 1,000を要することができる。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp