登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > ホワイトニングで歯が白くなる

ホワイトニングで歯が白くなる

歯が黄ばんでいると他人への印象を悪くしてしまうこともあります。また歯の黄ばみを他人に見られたくないがために笑顔が不自然になってしまったり、自身をなくしてしまうことはありませんか。

 

 皮膚の色や髪の毛の色と同じように、歯の白さにも個人差があるのは当たり前のことなので、他人と比べるのはあまり良くないことですが、やはり白い歯の人は輝いて見えてしまうものです。

 

1・ホワイトニングで歯が白くなるのは、ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素の作用によるものです。いわゆる、髪の毛の脱色だと思っていただければ、分かり易いと思います。色素を分解し、白さを際立たせます。

 

2・色素を分解させる為、副作用として冷たいものが若干凍み易くなることもあります。個人差がありますので、全く凍みない方もいます。


例えば、 「髪の毛の脱色をして、枝毛が出来やすい人と、そうでない人がいる」 ということに似ています。凍みるのはホワイトニング時間によって、コントロール可能です。また凍み止め用の薬剤も当クリニックは用意してございます。

この方法の利点は、歯科材料で色を変化させる為、歯を削らないということです。


しかし歯に汚れがついていたり、むし歯や歯周病があるとホワイトニングができないので、ホワイトニングをする為にはお口の中の衛生状態を十分に良くしておくことが要求されます。

歯の変色の原因や程度がいろいろであるように、ホワイトニング法も人によって適切な方法を選ぶ必要があります。効果が確実でない場合もあり、場合によってはホワイトニング法では対応できず、歯を少し歯科機器で削ってかぶせる必要がでてくる場合があります。 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp