登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 神経がないのになぜ痛い

神経がないのになぜ痛い

  冷たいものや熱いものが歯にしみて、すぐに痛みが消える場合には、虫歯や知覚過敏が疑われます。特に歯磨きで歯茎が下がったり、歯が削れたりすると知覚過敏になってしまうことがあります。とりあえず知覚過敏用の歯磨き粉を使用して歯をしっかりと磨き、1~2週間くらい様子を見てみましょう。それでも痛みが引かない、痛みが我慢できないというは、歯医者さんに行って検査をしてもらうことをお勧めします。

 

  なぜ痛いのか?神経がないのに。それには先ず神経を抜く治療とはどんな治療なのかを知らなければなりません。虫歯が大きくなると歯の中にある痛みを感じる部分、いわゆる神経に炎症が起きます。神経に起きた炎症は基本的に治らないものですから、そこで「じゃあ神経を抜きましょう」となるわけです。神経を抜くと言っても脳みそまで取る訳にはいきません。正確には『神経を切る』のです。ではどこで切るか。これは炎症が起きていても自分の力で治せる部分、歯の根っこの先で切るのです。そうです神経を抜いた歯が痛いというのは、正確には神経を切った切り口の治りが悪いという事なのです。

 

  神経が生きている場合の痛み方の特徴として、拍動性疼痛があります。これは、所謂、ズキズキと痛む痛み方です。ズキズキと言うよりかは、ズキ-一休み-ズキ-一休み・・・に近いと思います。神経が生きている歯の場合は夜になると、痛み出すことが多いのが特徴です。又、殆どのケースで、冷たいのや熱いのがしみます。痛み止めを持っていて、それでなんとかなってしまえば、事足りるのですが、そうでない場合はどうしたら良いか。その歯を見て、あるいはベロで触ってみて、穴が開いているようでしたら、そこに今治水か正露丸をぶち込んでみます。上手くいけば、それで治まりますが、場合によっては更に、痛みがひどくなる場合があります。

  

より多くの歯科機器及び歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp