登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 根管治療が必要な原因

根管治療が必要な原因

歯の内側には、「歯髄(神経や血管)」という細いトンネルが通っているのをご存知ですか? それが「根管」と呼ばれるものです。虫歯が悪化すると歯髄が死んでしまい、膿が溜まって歯ぐきが腫れ、痛みが出てきます。「根管治療」とは、死んでしまった歯髄の神経や、膿のもとになる細菌を取り除いて消毒することにより、歯根をきれいにする治療のことです。根管とは、歯の基礎のこと。つまり、建物に例えると土台にあたります。土台がしっかりできていない建物は、すぐに倒れてしまいますよね? つまり、根管が傷んだ歯は、いくら表面だけ治療をしても、長く使うことができないのです。「根管治療」はそれほど重要な治療なのです。

 

根管治療が必要な原因は、虫歯の悪化だけではありません。過去に治療をした際に、きちんと細菌が除去できておらず残留していた場合は、再び菌が繁殖して痛み出すことがあるのです。

むし歯は神経を取ってしまえば痛みはなくなります。しかしそれで安心してはいけません。そのまま放っておくと、神経の無くなったトンネルを通して細菌が侵入してきてしまうのです。最終的に細菌が根の先から骨に達すると、そこに膿の袋が出来てしまいます。歯が痛んで、神経を抜いた経験のある人は多いと思います。その時に歯医者さんが何回も歯の根の中に針を入れて回していたのを覚えていませんか?それは大変大事な治療なのです。神経が無くなって空間となった歯根の穴を、完全に清掃して消毒し防腐剤や殺菌剤をつめて密封することによって、歯根の先が悪くなるのを防いでいます。

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp