登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 通常の根管治療

通常の根管治療

虫歯の侵食が歯の神経にまで達してしまっていれば、重度の虫歯の進行度と言えます。


この状態だと、夜も眠れないような痛みはもちろん、リンパ節が腫れるなどの症状が現れます。こうなってしまったら、神経を抜くしかありません。神経を抜き、薬剤を入れ、その後に歯を補強し被せ物を装着する必要があります。 

 

通常の根管治療では、虫歯になった部分の上部に穴を開け、「ファイル」という細い針で根管内の神経を取り除きます。その後、根管内をきれいに消毒し、薬剤ですき間なくふさぎます。この方法で対応できないほど、深い部分が細菌に侵されている場合に選択されるのが、外科的根管治療です。

 

通常の根管治療は2~3回に分けて治療をおこないますが、外科的治療の場合は1回で完了します。高度な技術が求められるため通常の治療に比べ、成功率が多少低いといわれていました。しかし、マイクロスコープを使うことによって成功率が格段と上がりました。当院ではマイクロスコープを導入しており、患者様の根管の状態やリスクを踏まえ、よく相談した上で治療を選択します。

 

根管を通じた細菌の感染や根管治療後の細菌の再感染により、歯の根の先に膿ができる病気があります。これを「根尖性歯周炎」といいます。 周辺の骨が溶けてレントゲン撮影すると患部が黒く写ります。急性の場合もありますが、多くは慢性化し、歯ぐきが腫れることもあります。放置していると、ある時急に痛みが出はじめたり、健康な隣の歯にまで悪影響を及ぼしたりします。 

 

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp