登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 虫歯の処置

虫歯の処置

虫歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。(糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれています)医学専門用語では「う蝕」と呼ばれ、英語では「Cavity」、ドイツ語では「Caries」と言います。虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「確実に予防ができる病気」でもあります。 

 

処置後、お痛みや歯の神経への虫歯菌の感染があった場合には、歯の神経の治療が必要なことがあるのです。ネバネバとした物質の中に虫歯菌や他の細菌が住みつき、どんどん増えていくのです。これが歯垢といわれるものなのです。神経に達する深い虫歯がある場合は、局所麻酔後、虫歯になってしまった歯質と歯の神経の一部または全体の除去と消毒を行い、お薬をつめるのです。歯垢の中の虫歯菌は、食べ物の中の糖質を材料に酸をつくり、次第ににエナメル質を溶かしはじめるのです。これが虫歯となるのです。経過が良好な場合は、前歯では全体を白いレジン樹脂で覆ったり、奥歯では金属製のかぶせ物をするのです。

 

そして、単に治療するだけではなく、お子さんの発達に合わせた適切な処置と、トラブル予防のためのアドバイスを行うのです。神経を失活させる薬は昔ほど強力なものが存在しないため、2回の処置が必要だった訳なのです。器具で触っても痛みを感じないようなので、神経が失活したとの判断ができるので次回からは神経を取る処置を行うのです。

 

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp