登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 虫歯の早期治療

虫歯の早期治療

虫歯になってしまった部分を器具で削り取り、白いレジン樹脂で埋めるのです。治療中、お痛みを感じる場合は局所麻酔が必要なことがあるのです。お口の中のミュータンス菌が、食べ物の中の砂糖を栄養にし、表面にネバネバとした物質をつくるのです。虫歯が大きい場合は前歯では全体を白いレジン樹脂で覆ったり、奥歯では金属製のかぶせ物が必要な場合があるのです。

 

基本的に乳歯が虫歯等によって崩壊したりしていなければ、後続する永久歯がはえてくるまで乳歯を抜いたりする必要はありません。ただ、後続する永久歯がはえてきているのに、はえてきた場所が内側であったり外側であったりして乳歯が抜けない場合は、当該乳歯の抜歯が必要になります。 

 

虫歯は早期発見、早期治療が重要です。そのためにも定期的な検診で見えない部分の虫歯などをチェックするようにしましょう。同時にフッ素塗布やシーラントなど歯科医院でも予防措置を行うことも虫歯予防になるのです。気になることは歯科医師に相談するようにしましょう。子どもの将来の生活に大きな影響を持っているのです。虫歯があると、食べものがあまりよくかめない為、体に与える影響はもちろん、顎の発育不全等の原因になるのです。

 

神経が失活しているので痛みは感じないはずですが小児は恐怖感から圧力が加わっても痛いと反応することがあるようですし、歯根の先から神経を取る器具が少し突き出る事があるようですが、この時には実際に痛みを感じるのです。乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え替わるのです。だからと言ってお子様の乳歯の虫歯を放置して良いかと言うと、決してそんなことはないようです。

 

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp