登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の根の治療

歯の根の治療

虫歯も見下してはいけません。虫歯を放置し、歯茎の上に出ている部分(歯冠と呼びます)がすべて崩れてしまうこともあるのです。 歯の根(歯根)の方まで虫歯がすすみ、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、今までは、抜歯の対象になっていましたが、現在は条件が揃えば、歯根を矯正力で歯茎の下から引っ張り出したり(エクストルージョン)、歯冠延長術(クラウンレングスニング)という治療法で、相当数な歯が抜歯しなくてすむようになってきました。 

 

この場合は無症状のため、痛みなどの症状が出るまでには何年先になるか分かりません。しかし膿の袋は頬ってそのままにしていても決して小さくなりません。痛みも自覚症状もほとんどなく、進行もゆっくりですが確実に巨大化していきます。しかも大きくなればなるほど、歯の根を治療するだけで治癒することが困難になるため、できれば早めの治療がオススメです。 

 

治療の必要からやむをえず神経(歯髄)をとってしまうと、歯は栄養を失って死んでしまいます。このような状態の歯を専門的には失活歯といい、木に例えると枯れ木のようなもので、生の木(健康な歯)と比べると割れやすくなってしまうのです。 さし歯の治療は、歯髄を取り、根の治療を終えたあとに支柱を立てて土台を作り、その上に人工の歯(歯冠)を取り付けることが行われています。しかし、この支柱に金属が使われていると、噛んだ力が硬い金属から柔らかい象牙質に均等に分散して伝わらないため、特定の部分に力が集中してしまいます。これが象牙質にひび割れを起こし、歯根破折になっていきます。 一般的に、破折した歯は抜歯の対象となることが多いようですが、破折の程度によっては接着治療による修復も十分可能です。

 

ストレスの発散は若い頃は体を動かすことで補うことが多いのですが,高齢になると同じようなストレスに少しずつ対応できなくなってきますし,体は動かさなくなります.また,社会的地位や立場からストレスの種類がより精神圧迫につながるのかもしれません.いずれにせよ,知らず知らずにより咬むことなどで側頭連合野に刺激を送り,ストレスを解消しているのかもしれません.その結果が,歯根の破折です.気を付けましょう。

 

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp