登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯列矯正の時間

歯列矯正の時間

歯列矯正をはじめてから半年以上が経過。みためにも歯が動いているのがわかります。特に噛み合わせの改善が著しく、鏡をみるたびに嬉しくなってしまいます。院長先生にも順調に進んでいると言われて、更に嬉しくなりました。


ここまではあまり問題なくきていて、特に歯の動きに関しては予定通りです。中には予定通りにいかない人もいて、期間が長くなってしまう人、また予定よりも早く終えることができる人もいるそうです。わたしは予定とほぼ同じペースできていると言われました。

 

糸切り歯(犬歯)の後ろに生えている歯を、臼歯といいます。臼歯は、大きくがっしりしており、咀嚼能力も大きいことが特徴です。臼歯のうち後方の3本が大臼歯ですが、最初に生えてくるのが第一大臼歯です。生え始めは小学校入学前の6歳ごろで、「六歳臼歯」のニックネームで呼ばれています。 

 

早期の矯正治療をすることで、大人の歯に生え変わってからワイヤーをかける必要がなくなるのでしょうか?ほとんどの場合、生え変わった後にはワイヤーをかけて歯科x線治療を進める必要があります。この早期の矯正治療を1期治療といいまして、乳歯が抜けて大人の歯に生え変わるまでの治療になります。たとえ7歳か8歳のころに1期歯科機器で治療を受ける必要があっても、素敵な笑顔を手に入れるためにほとんどの場合、乳歯が抜けた後はワイヤーを使った2期治療を受けなければならないでしょう。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp