登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 乳歯の生え変わり方

乳歯の生え変わり方

 現代人は、顎の大きさと歯の大きさが合わないため、叢生になりやすいと言われています。6歳臼歯は、生えてきてすぐに、虫歯になりやすい歯でもあります。抜歯をしたがために、すきっ歯になってしまう場合もあります。子供のすきっ歯で注意しなくてはいけない点は、将来、叢生になりやすいのか否かです。乳歯から永久歯に生え変わる子供の時期のすきっ歯は、専門医と相談しながら、虫歯などにならないように注意する必要があります。


理想的な乳歯の生え変わり方は自然と行われる場合ですが、「乳歯はいずれなくなるんだからいつ抜いたっていいんじゃないの?」と思う人も多いです。先ほども少し触れましたが、虫歯になったらこれ幸いとばかりに虫歯治療せずに乳歯を抜いてしまえと思ってしまう人もいます。実は私も子供の頃そう思っていたクチです。しかし、今まで見てきたことを考えると、乳歯を強制的に抜くのは、決していいことではありません。それは、その乳歯の部分に生えてくる永久歯の準備が整っていないからです。

 

乳歯は、「時が来れば抜けてしまって、生え替わる歯」という理由で、少し前までは、大切に扱われなかったようです。確かに、歯科用バーで乳歯の治療はしなくても良いと言った間違った認識を持った親御さんも多かったらしいです。しかし、実は、乳歯はとても大事な働きをしているのです。乳歯と永久歯は、列車に例える事が出来ます。乳歯が機関車だとすると、客車にあたる永久歯を引っ張り、乳歯が生えていた場所へ導くことこそが、乳歯の大きな働きです。乳歯を早くになくしてしまうことは、永久歯の噛み合わせが悪くなる大きな原因となるそうですよ。乳歯が早い時期に歯科ハンドピースで抜けてしまうと、抜けた場所に隣の歯がよってきて永久歯の生える場所が無くなることがあるそうですので、乳歯の間は、親が、注意しておかなければいけませんね。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp