登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 乳歯の奥歯

乳歯の奥歯

 生まれたばかりの頃は、歯がまだ生えていなくて、何もありませんが、少しずつ前歯の方から生えてきて、食事もすることができるようになりますね。0歳から1歳の頃は、哺乳瓶でミルクを飲みながら成長します。そうしながら、いつの間にか歯が生えてきます。まだ小さい赤ちゃんが、ニコッと笑ったときに、白くて小さな歯が見えたりします。最初は、小さすぎて、何も分からず、歯ぐきに超音波スケーラー埋もれているような歯も、しばらくするとどんどんと大きくなって、ちゃんとした歯に成長します。お母さんにとって、このような歯の生える過程もうれしくなったりするかもしれませんね。

乳歯の奥歯が虫歯にかかり本来よりも早く喪失すると、6歳臼歯が前方へと移動します。このことにより、噛み合わせが大きく乱れるとともに、6歳臼歯より前方の永久歯(正常では10~11歳で萌出)の萌出する隙間が減少し、萌出障害や歯並びの乱れが起こります。 近年、歯並びの悪いお子さんが増加しておりますが、アゴの骨の発育に問題がある場合が少なくありません。アゴの骨の発育異常の一因として、現代における急激な食性の変化に伴うお口の機能の問題が考えられます。

 

骨格の成長は12歳~14歳までにほぼ終了すると言われているようですので、小児 歯科矯正、特に女児の場合は12歳くらいまでに終了しておくのがベストとなるのです。矯正歯科の先生は、子供から成人まで年齢に関わらず矯正治療を行うのが普通なのです。その中には、子供の治療経験が豊富で子供の矯正治療が得意と言う先生がいるかも知れないのですが、子供の治療しかできないと言うことはないと思うのです。中学校が終了した位、15歳以降で小児 歯科矯正を考え始めても、既に身体全体、当然に顔の骨格も含めてかたまってしまっているようですから、ブラケット歯科ハンドピースで治療などをしても単に歯並びを矯正する効果しか望めなくなってしまうのです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp