登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 小児の矯正

小児の矯正

 少しずつ永久歯が生え始めます。永久歯で一番初めに生えるのは第一大臼歯が一般的ですが、第一大臼歯は虫歯になりやすいので、しっかりしたブラッシング方法を覚える必要があります。 綺麗な歯並びの子どもを育てる方法は、食事の中でしっかり料理を咬むことで土台を成長させる。そうすることで、しっかりした並びの歯が生えてくるための土台作りができます。子どもの歯を磨く時、あなたの顔が強張ってたりしませんか?子どもはあなたが怖い顔になっていると、なかなか受け入れてくれません。子どもの好きな歌やキャラクターなどを使用し、習慣付けることで、自然と自分で歯磨きをするようになります。まずは慣れさせることから始めましょう。 本当です。歯ブラシやスプーンを共有することで、ミュータンス菌が感染してしまいますので、共有しないようにしてください。 

小児の矯正は乳歯と永久歯の混じった状態の患者もいるのです。小児で歯の歯並びなどを綺麗にしたい目的の人もいるようですが、出っ歯の状態を何とか矯正したい目的の場合もあるのです。小児 歯科矯正では顎部のかみ合わせなど多くの治療が可能ですが、それも成長期に骨格が固まっていない内だから可能となっているのです。小児の歯列矯正について、矯正を行いたい人が小児の場合、まず12歳くらいまでであれば、歯の成長段階であり、矯正を行いやすいといわれているのです。歯列矯正も含めた顎部全体を小児 歯科矯正の中で治療してゆく事は、顔全体のバランスを整え、むしろ審美歯科のような効果も発揮してくるのです。輪郭のよい顔を作るためにも小児 歯科矯正は早めに済ませておくのがお薦めなのです。12歳以降になると歯の成長が止まってしまい、歯の矯正が大人と同じようになるといわれているのです。 

 

お口の機能の問題とは、単に硬い食品を嗜好せず噛む力が弱いといったことだけではなく、咀嚼や嚥下(食物を飲み込む)などのお口の正しい機能を習得していないことを意味しています。お口の機能の基本事項の大半は、乳歯列が完成した時点(2歳半ごろ)で既に獲得しています。出生後、乳歯が少しずつ生えてくると共に離乳が始まります。前歯から奥歯へと歯が生えそろうのに伴い、離乳食も次第に大人の食べ物に近づいていきます。まさにこの離乳期が、お口の機能を学習する大切な時期なのです。そして、離乳期にお口の機能を正しく学習できていない場合、結果としてアゴの骨の形や歯並びに影響することが心配されます。

 

より多くの歯科機器歯科材料の情報はwww.zetadental.jpでご覧ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp