登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯そのものを再生させること

歯そのものを再生させること

歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけで取り除けないことが多いです。デンタルブラシや糸ようじを使って、歯と歯の間の汚れをとることをオススメします。また、虫歯だけでなく口臭が気になる人も多いと思います。口臭のほとんどは、口の中がきちんと洗浄されていないことが原因です。口の中にいる微生物が食べカスを分解して、悪臭を放つ物質に変えるのです。口臭があるということは、「口の中が健康な状態でない」ということです。

 

歯周病やむし歯の予防に役立つことに「PMTC」があります。「PMTC」とはProfessional Mechanical Tooth Cleaning の略で、毎日のご自身でのブラッシングで落ちない歯の汚れを歯科医院にて専用機器を用いてきれいにクリーニングする「プロによる歯の清掃」のことです。約20年ほど前にむし歯、超音波スケーラーで歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏づけられて着実な臨床実績を上げています。むし歯の原因となる細菌は歯の表面に「細菌バイオフィルム」と呼ばれる薄い膜を作り増殖していきます。

 

歯そのものを再生させることができるか、ということが歯科医師の最大の関心事であろう。結論からいうと、“歯胚再生は可能"である。現在の再生医学の延長線上には、歯胚の再生は確実に存在する。脳や心臓に比べればむしろやさしい方といってもよいかもしれない。ただ、これまで述べてきた象牙質、骨、粘膜といった単一組織の再生ではなく、歯科機器で歯は歯髄、象牙質、エナメル質、セメント質などが複合したひとつの器官、臓器なので、狭義の再生医学の技術レベルでは再生は難しい。ES細胞の助けを借りなければならない。先に述べたように、ES細胞を使えば人体のすべての組織、臓器をつくることができる。

 

う蝕がエナメル質に限局している間、一般にう蝕は無痛であり、象牙質に達することにより、象牙細管の露出をみて初めて歯痛を覚えることが多い。このときの痛みは象牙細管内の痛覚神経終末に対する直接刺激や、象牙細管内の組織液圧力変化による歯髄痛覚神経終末に対する刺激が起こることによるものと考えられている。う蝕が歯髄まで到達するまでの過程においては歯髄炎を併発することによる激しい自発痛が発生する場合がある。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp