登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科機器治療

歯科機器治療

歯科機器治療においてさまざまな人工材料を多用してきたが、ここで紹介するティッシュエンジニアリング材料は、従来のレジン、金属とはまったく異なるコンセプトから生まれたものである。すなわち、無生物の歯科材料ではなく、細胞とマトリックスと生理活性物質で生きた歯あるいは歯質を再生させるのである。

 

象牙質(ぞうげしつ、Dentin)は歯の主体をなす硬組織である。エナメル質やセメント質と歯髄腔の間にある。象牙芽細胞により作られる。 エナメル質より柔らかいため、う蝕が象牙質まで達した後は急速に進行する。 象牙芽細胞は歯の萌出後も象牙質と歯髄の境界部に存在しており、必要なときに象牙質を形成することができる。 

 

まだ痛くないむし歯の初期段階をレントゲンや探針で診査するには限界があります。ダイアグノデントは表面にレーザーを照射することによってその蛍光反射を測定し、見えない歯質変化を発見し、その状態をデジタル数値化します。隠れた歯質変化を突き止めることにより、歯が内側から崩壊する前に予防対策することで、むし歯の拡大、進行を抑制することに大変役立ちます。 

 

霊長類ではすでに実験に成功し、心臓、腎臓はもちろん、毛嚢の再生も確認されている。また、ES細胞の技術とクローン技術を組み合わせれば、自分の遺伝情報をもったES細胞をつくることができる。今後、ES細胞の分化調整機構がわかり、目的の臓器形成が確実にできることができれば、顎骨に移植されたES細胞から、やがて歯胚の再生もできるようになるだろう。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp