登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 虫歯菌の代表的な菌

虫歯菌の代表的な菌

 虫歯に限らず歯周病でも基本的には細菌感染です。これら細菌が出す毒素や酵素が原因で心臓病になることもあり、さらには緑膿菌による敗血症、菌血症による感染性心内膜炎(IE)、老人の死亡原因の1位である誤嚥性肺炎の原因になることは周知の事実です。

虫歯を侮ると命に係わる場合もあるのです。

 

生まれたばかりの乳児の口の中には、虫歯の原因となる「ミュータンズ菌」は存在しないからです。 虫歯菌の代表的な菌として「ミュータンズ菌」が上げられますが、虫歯菌は食事によって歯にくっついている歯垢(プラーク)に潜んでいるもので、歯磨きによって落とさない限り、歯の表面にずっと生息し続けます。 しかし、赤ちゃんの口の中にミュータンズ菌が入り込んでしまう1番の原因は、赤ちゃんの周りにいる大人なのです。

 

一般的には、便宜上、「フッ素」と呼ばれていますが、反応性の高さから通常、単体では存在しません。様々な物質と結びついて、「フッ素化合物 ( フッ化物)」として存在しています。また、フッ素は自然の野菜や果物にも微量含まれていますから、必須ミネラルのひとつであることに間違いありませんが、過剰摂取になりやすく、そこから引き起きる健康被害が懸念されています。

 

より多くの歯科材料歯科機器はwww.zetadental.jpでご覧ください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp