登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 良く知られている入れ歯の種類

良く知られている入れ歯の種類

 誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで入れ歯は痛くて噛めないとか、入れ歯は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。良く知られている入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける部分入れ歯、歯が全く無いときに使う総入れ歯です。でも部分入れ歯、総入れ歯共に、使う歯科材料や留め金の種類によってさまざまな物があります。

入れ歯の場合、本当にその差が大きく一人ひとりかなり差があります。ただそうは言っても、ピタリと動かない入れ歯でしたら誰でもしっかり噛め、喜んで頂けるはずです。 

 

歯を部分的に失った部位に入れるものです。主な適応としては、連続した3歯以上の中間欠損(欠損部位が歯に挟まれている)根管治療部位、または最後方の歯を失いブリッジが入れられない欠損部位に作成します。この入れ歯は、残っている歯にクラスプと呼ばれるバネをかけ、さらに欠損部の粘膜でも咬む力を負担します。なるべく残っている歯への負担を分散させるためにも出来るだけ多くの歯にクラスプをかけたほうがいいです。

 

もし義足を大体のトレーで型をとり、大体の長さであわせて『あとは慣れるまで少し痛いのは我慢して歩いてね』なんていわれたらひどい話どころではないはずです。ところが歯科医院ではこれと同じことが今でも平然と行われています。オーダーメイドスーツや靴が体にすぐなじんでなおかつ長持ちするのはその過程において細かく寸法を測り、体の動きを計算し,良い生地を厳選し長年の経験と最新の技術で心をこめて製作された結果です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp