登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の痛みを感じるということ

歯の痛みを感じるということ

 ほとんどの人が、虫歯で痛い思いをした経験をお持ちですよね。虫歯というものは、ある程度の痛みまでは我慢してやり過ごせますし、何日かあるいは何週間か我慢しているうちに痛みがなくなることもあります。実のところ、これは虫歯が歯の神経を侵したために神経が鈍くなり、痛みを感じなくなっただけという場合もあります。たとえ一時期痛みが消えたとしても、ある日突然以前よりも強烈な痛みに襲われることはよくあることです。その一方で最初から痛みが強く、夜も眠れないというケースもあります。いずれの場合であっても、痛みが強いと結局は歯医者へ急ぐことになります。こんな経験を何度か重ねると、ほんのちょっとした痛みを感じただけでも、これから訪れるであろう本格的な痛みに備えて早めに歯科を受診するようになるものです.

本来痛みを感じるということは、その虫歯がある程度進行した状態であることを意味しており、自然に治ってしまうことはありえません。当然のことながら、放置しておくと虫歯は徐々に進行していきますが、時には急激な症状の悪化が見られるケースもあります。虫歯菌は、プラークの中で、ねばねば物質と共に酸を作り出します。歯の表面を超音波スケーラー覆っているエナメル質は、そのほとんどがハイドロキシアパタイトという、非常に硬い成分で出来ているのですが、外からの衝撃には強くても、耐酸性にはあまり優れていません。

 

歯の痛みには大まかにいって2つあります。1つは歯自体の痛み、もう1つは歯の周り、つまり歯肉とか歯槽骨の炎症による痛みです。歯痛の主な要因となるものを、いくつかご説明します。虫歯は、ミュータンス菌(虫歯菌)などによる感染症の一種です。ミュータンス菌などの細菌は、糖質からねばねばした不溶性グルカンという物質を作ります。この不溶性グルカンが歯にこびりつき、歯垢となります。さらに、ミュータンス菌は糖分を食べて乳酸を出し、それが歯垢にたまって歯を溶かします。これが、虫歯です。 

 

虫歯の無痛歯科機器治療についてのレポート。虫歯の治療は痛くて怖いというかたに、最近の虫歯の無痛治療ってどうなのか調べてみました。虫歯の治療を受ける前の参考になれば幸いです^^v 虫歯の治療で無痛なんてあるのでしょうか?虫歯になってしまったら、そのまま自然治癒というのはありえないので、気が付いた時点でできるだけ早くに、歯医者にかかるのが無痛に近いかたちで虫歯治療をうける王道ですよね?


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp