登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯周病の定義と治療

歯周病の定義と治療

周病は、虫歯と並んで歯を失う大きな原因です。多くは40歳~50歳代で症状を訴えることが多いんですが、最近では、20歳代など若年で発症する侵襲性歯周炎が増えているとの報告があるようです。侵襲性歯周炎は、1999年にAAP(アメリカ歯周病学会)により発表された歯周疾患の最新分類での名称です。歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する疾患の総称である。歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。歯垢プラーク)を主要な原因とする炎症疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周疾患も多数存在する。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっている。歯肉炎で最も多いのはプラーク性歯肉炎(単純性歯肉炎)であり、歯周炎のうちで最も多いのは慢性歯周炎(成人性歯周炎)であるため、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎慢性歯周炎を指すのが一般的である。

 

歯周病の原因をはじめ、歯周病にかからないための正しい予防方法、歯周病になった場合の治療方法などを説明しています。歯周病は、日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です。でも、歯周病は末期段階にならないかぎり、自覚症状がほとんどないんです。末期になってからでは、歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。自分の大事な歯を抜かなくてすむように、正しく歯周病を予防し、いつまでも丈夫な歯でいられるようにがんばりましょう!

 

歯周病予防のために、超音波クリーナー歯の表面の汚れを落とした後、ポリリン酸が歯の表面をコーティングし、再び汚れがつくのを防止します。研磨剤や発泡剤などを使用せず、β-グリチルレチン酸やヒノキチオールなどの天然由来成分を使用することで歯肉の炎症を抑えているので、小さなお子さんや高齢の方でも安心してご使用します。ポリリンデンタルリンスは、歯周病や虫歯のもととなる細菌を殺菌する根管治療です。 加水分解コラーゲンやヒアルロン酸ナトリウムなど、高い保湿効果を持つ成分にて口内に潤いを与えるため、歯周病の原因である口内の乾きによる細菌の繁殖を防止します。さらに、ポリリン酸ナトリウムが歯の表面をコーティングするため、再び汚れが付着するのを防ぐことができます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp