登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > ひどい虫歯の治療

ひどい虫歯の治療

最初のうちは、所々が虫歯になっていても、痛くないからそのうち治そうと思って放置している方は案外多いものです。ところが虫歯は自然治癒はしませんので、気がついたら、口中がひどい虫歯で、文字通りボロボロになってしまっている方もいます。もうそうなると、ひどい虫歯の歯は抜かれてしまうのではないか 、歯医者さんに何と言われるだろうかなどといろいろな考えが先に立ってしまい、怖かったり恥ずかしかったりで歯科医院へも行けなくなってしまい、自分でもどうしていいか分からなくなってしまいます。

確かに10数年前は、ひどい虫歯は抜いて入れ歯にする方法が主流でした。しかし、現在は一本でも多く自分の歯を残しましょうという方向に歯科の技術は進んでいます。再発多い従来法 虫歯は口の中にいる無数の菌が食べかすなどから酸をつくり、酸が歯を溶かすことで起きる。歯の表面の硬いエナメル質を溶かすと、その下の象牙質に侵入。そのまま治療しないで放置すると血管や神経が通っている歯髄にまで達する。 虫歯が無機質のエナメル質にとどまっているうちは痛みはない。しかし象牙質は象牙細管という細い管で歯髄につながっており、虫歯がここまで進むと痛みを感じるようになる。 菌に侵された象牙質は変色して軟らかくなるため軟化象牙質と呼ばれ、従来のではこの部分をすべて取り除くのが常識。虫歯がさらに歯髄にまで進行すると感染した歯髄を歯科機器で抜く治療なども必要になる。だが、3Mix-MP法の開発者の1人で、仙台市で歯科医院を開く宅重豊彦(たくしげ?とよひこ)氏は「従来の治療法では完全な無菌化は困難で虫歯が再発することが多い」と指摘する。実際、詰め物の下に再び虫歯ができたり、治療した歯の根の部分に膿(うみ)がたまったりして、根管治療を受けた経験のある人は多いだろう。 

 

光沢のあるきれいな歯を保つまた、歯石を除去すると同時に、器械を用い殺菌水によるポケット内の洗浄をします。根をきれいにするSRPですが、部分的に行うと他の部位が再感染してしまうということがあります。短期間での治療もしくは全顎的な治療が必要になります。Full Mouth Disinfection S.R.P療法(カトリック大学?ベルギー)総合的な細菌感染排除法 ということですが、これは機械的清掃法(SRP)と薬物療法を併用し 短期間で歯周病関連細菌を口腔内から排除し、健康な細菌叢を獲得すること を目的としています。

 

レーザー照射歯周ポケット内にレーザーを照射します。CO2レーザーが安全です。他のレーザーでは使用法により、時に骨を逆に溶かす場合があります。これは、レーザー光が水に吸収されるかどうかの特性によります。

 

PDT(光線力学療法)ぺリオウェイブ?ルミックス歯周ポケット内にバイオジェルを入れ、光照射することで歯周病菌を殺菌する方法です。浄療法を行うと、歯周病菌への効果は確実なものとなります。再生療法歯槽骨の破壊が著しい場合には、歯周外科手術が行われます。その際、歯周組織再生誘導材料を用いて、歯周組織の再生を促します。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp