登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > トンプランとは

トンプランとは

ここでは、歯科領域で行われている、デンタルインプラントの説明をさせていただきます。歯科で行われているインプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていましたが。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

 現代多く行われている歯科材料は純チタンか、チタン合金で出来ています。形はネジのような形や、シリンダー状、歯の根のように先に行く程細くなった形などです。インプラントの表面は昔は機械研摩してあるタイプが主流でしたが、現在では、粗造な表面構造で骨との結合(オッセオインテグレーション)が得られ易いタイプが多くなってきました。また、表面にハイドロキシアパタイトをコーテングしたタイプの物もあります。
主流は純チタンかチタン合金でできているタイプの物です。

 交通事故あるいは虫歯など、原因が何であれ歯を失ったことはとても不幸なことです。しかし、歯がなくなった部分をそのまま放置しておけば、咬み合わせを含め、歯だけではなく顎の関節にも支障がでてくることもあります。歯を失ったら歯科機器で早めに処置することが大切です。

 歯が抜けた場合の処置方法は主に3つあり、インプラントはそのうちの1つです。いずれの方法も、見た目だけの問題ではなく、かめる話ができるといった機能を回復することが目的です。3つの方法は、それぞれ長所短所を持っています

インプラントは様々なデータがあるが一般的に200本入れると5本は定着せずに脱落(ロスト)してしまう。

ロストの原因には以下のものが考えられる。インプラントが骨との結合を喪失した場合に、必ずしもただちに脱落するとは限らない。複数のインプラントと連結している場合や、天然歯と連結している場合(現在はこのようなことは禁忌と考えられている。)は、この結合の喪失に、患者、歯科医の双方とも気付かないこともあるが、このような状況こそが問題であり、知らぬ間に骨の喪失を招く。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp