登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 保険制度と歯科の関係

保険制度と歯科の関係

国民健康保険や健康保険など、強制的に加入が義務付けられている公的な保険制度です。年間の医療費が一定額を超える場合に、確定申告をすれば税金が還付される制度です。1医療機関での自己負担金が一定額を超えた場合に、超過分が請求にもとづいて払い戻される制度です。保険適用外の治療を受ける場合に、通常の保険適用部分の治療に対して保険が適用される制度です。海外で治療を行なった場合に、帰国後、健康保険から治療費が払い戻される制度です。

どうしてかと言いますと、例えばあなたが500円持っていたとします。500円あれば立ち食いうどんやコンビニ弁当は食べることができますが、フランス料理は食べられません。

「保険で良い治療をして下さい!」というのは、「500円でフランス料理のフルコースを食べさせて下さい!」というのと同じなんです。(さらに「調味料は塩しか使えません」といった感じです)

これを具体的な治療例に置き換えると、自分の歯と見分けが付かなかったり、変色しないような材料は「ぜいたく品」と考えられているので,保険では使用出来ませんし、インプラントや超音波スケーラー、マグネットを使った入れ歯など、その利点がはっきりと分かっているにも関わらず、保険が適用されない治療法や材料も多々あります。

保険治療では適合検査もその結果も知らせてくれません。もしそれを行ったら全ての治療に時間がかかりすぎるため、1日に20人から30人の患者さんを診れなくなりますし、収入も保険点数が決まっている為に多くは得られません(現在の保険治療は出来高制のため大量に治療をして始めて高収入を上げられるシステムでもあるのです)。

また適合させる技術を修得するには歯科医師自身がお金と時間をかけなければならないからです。それでは治療後に歯の方が隙間を埋めてくれたり噛み合わせになじむ為変化してくれるのでしょうか?そんなはずはありませんね。その差が本来の保険治療と自費治療との違いに出てくるのです。

時には歯科材料が違っていることが保険と自費の違いだと説明を受ける場合もあるでしょう、また自費の治療でもすぐ壊れたり何年も使わないうちに壊滅状態になったりするひどい自費治療も存在しますので注意しなければなりませんが、安くて良い物は歯科医療では存在しないことは確かです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp