登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯の矯正中の食事

歯の矯正中の食事

歯並びの改善をおこないかみ合わせの矯正を行う歯列矯正。歯列矯正には長期間かかってしまいます。そんな歯列矯正中に制限される食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

実際に歯に歯科機器などをつけて歯並びの改善を行いますので食べ物の制限があります。歯列矯正の間はガムやキャラメルなどの粘着質なものやあまりに固いものは避ける必要があります。矯正器具によって制限が異なる場合もありますので矯正歯科で確認しておきましょう。また最近のマウスピースによる歯列矯正ではこれらの制限などを感じずにすごすことができます。

歯科矯正中に、しっかりお弁当で活躍してくれるのが「卵」と「ひき肉」です。
ひき肉は咬みやすく絡まりにくい上に、中にみじん切りのお野菜を入れて栄養アップできるので、 歯科矯正中の子供お弁当には大活躍でした。

卵はお弁当の定番ですが、痛いときも噛みやすく、ワイヤーに絡まりにくく、優等生です。でもひじきを入れた時は、ワイヤーに絡まって、しかも黒いのでとっても目立って散々だったので止めたほうがよさそうです。個室のあるちょっとオシャレなレストランで

ゆっくりご飯を食べるものいいのでは?

後は野菜たっぷりのシチューやスープ、お味噌汁。 ひとくちサイズにきったお肉などを食べて、栄養不足にならないようにしましょう。

けして、無理して硬いものを食べたり、食いちぎったりしないこと!家で食べる場合はひとくちサイズに切ってもらったり、外食の場合ナイフを貰って切って食べるなどしてください。フランスパンなどの固いものは必ずちぎって!

また自炊をしてバランスのいい食事を心がけましょう。やわらかい麺類などがおすすめです。硬い根菜類や、噛み切りづらいイカやタコなどは避けた方がよさそうです。繊維質の野菜(ホウレンソウなど)も、矯正装置に絡まりやすく取りにくいため避けましょう。また、お子様の口の中は狭いため、大きな食べ物はできるだけ細切れにしてあげましょう。

また、ガムやキャラメルなどの粘性の食べ物も避けましょう。矯正装置に付着して外れる場合があります。

歯列矯正中は歯磨きが行き届かず、お口の中が虫歯になりやすい環境になっています。口腔衛生を保つためにも、オーラルリンスでうがいをさせるなど、とくに意識して虫歯予防に取り組んで下さい。超音波スケーラー矯正中の食べ物と歯磨きには気を使いますね。

まず、食べる時の痛みですが、これは最近装置を付けたからこその痛みです。長くても1週間~10日で痛みはなくなります。ただ、一ヶ月毎の調整のあと数日も同じような痛みが伴うことがあります。しばらくは柔らかいものやスープで過ごすしか方法はありません。

装置をつけた状態での食事は当たり前ですが非常に食べ物が挟まりやすいです。特に繊維質のものは苦しくなるくらい絡まったりします。ほうれん草とかもやっかいですね。矯正中は食べ物を選んで食べるといいと思います。まだ矯正して間もないので食べるときに四苦八苦されていると思いますが、矯正自体にも、食べることにも徐々に慣れてくると思います。歯茎のところに食べ物が詰まってしまう場合、今のように飲み物で流し込めばいいと思いますよ。私の場合、詰まっても構わず食べ続け、食べ終わった頃に飲み物でこっそりブクブクしてましたが...

歯磨きに関しては20分かかってもそれでいいと思います。矯正中は非常に虫歯になりやすい状態なので、時間をかけてしっかり磨いた方がいいです。虫歯になるよりは。ブラッシングもコツをつかめてそのうち慣れてきますよ。

外食などで歯磨きがすぐできないときはトイレなどにいってうがいをとりあえずすればいいと思います。鏡で歯をチェックしないと、場合によってはすごいことになってるかもしれないですから。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp