登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 日常生活における歯と口の健康づくり

日常生活における歯と口の健康づくり

私たちの生命活動は、言うまでもなく食べることによって支えられています。食べるために無くてはならない器官が。ところが、歯の寿命は、長くなった平均寿命に追いついていません。では、歯を失う2大原因は?それは歯周病とむし歯。なかでも歯周病は、糖尿病や心臓病と同じ仲間の生活習慣病に位置づけられています。

糖尿病、高血圧症、心臓病といった生活習慣病に共通しているのは、初期段階では本人にあまり自覚症状がないことです。このような病気のことを、サイレントディシーズ(静かな病気)と呼んでいます。生活習慣病のひとつである歯周病もその仲間。気がついたときには、かなり進行しているケースが多いのです。超音波スケーラーは必要です。

子どもの心身の発達と歯と口の変化

個人差はありますが、年齢が高くなるにつれて、歯肉がやせ、喪失歯が多くなります。歯の根元や補てつ物の下からむし歯や歯周病になりやすくなります。

永久歯は、妊娠中からすでにつくりだされ、長時間かけてあごの中で成長します。乳歯は8ヶ月頃から3歳頃までに生えそろいます。

思春期から成人期にかけては、生活環境の変化に伴い、むし歯だけでなく歯周病(歯肉炎歯周炎)のリスクが高まる時期でもあります。早めに歯肉をチェックする習慣を身につけ歯と歯肉を健康に保ちましょう
歯と口の機能は, 食べる, 呼吸するといった生命の維持に直接関与する機能に加えて, 話す,表情をつくるという人と人のコミュニケーションに欠かせない機能を担っています。
また, 乳幼児期には, これらの機能に加えて, ものの大きさ, かたち, 硬さの感覚や様々な味覚を学習する機能も併せて持っています。 さらに, ほ乳やかむことをつうじて, 顎
顔面の成長, 発育に関与し, 乳歯が健康であると永久歯との交換がスムーズに行われ, 歯並びをきれいに整えるという働きもしています。根管治療よく役にたていす。
したがって, 幼児期における歯と口の健康づくりは, ただ単にむし歯を予防することが目的ではなく, 歯と口の機能を正常に発達, 発育させるとことにより, 全身の健康, こころと体の発達に積極的に関与することと言えます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp