登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯垢と歯石の関係

歯垢と歯石の関係

歯周病は、あまり痛みがなく、知らず知らずの間に症状が進行してゆくのが特徴です。

成人の80%が何らかの歯周病といわれる現代で、歯周病は、歯医者での治療はもちろんですが患者様自身の予防がもっとも重要です。ブラッシングの方法を変えるだけで歯周病虫歯の予防ができます。一緒にがんばりましょう!

歯石とは歯垢が硬くなったものです。歯科機器歯みがきでみがき残した歯垢が、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ます。歯についた歯垢は、たった2日間で歯石になります。歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬い歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません。

歯垢(しこう)が作られる原因は、超音波スケーラーで歯の清掃をしっかりとしないことが原因です。では、どのようにして、歯垢(しこう)は作られるのでしょう。口の中に、いつまでも、細菌の餌となる甘いものがあることで、ミュータンス菌などの細菌が、餌を食べることによって、グルカンという物質を作り出します。グルカンはネバネバした物質で、歯に付くことで、他の細菌も取り込んで、歯垢(しこう)が作られます。

歯垢(しこう)は、食べ物の食べカス同じように、うがいだけでは取り除けません。最近では、マウスウォッシュなどで、口の中を清潔にする人がいますが、完璧に歯垢(しこう)を取り除けるわけじゃないので、歯石になってしまうことがあるので、気をつけましょう。

歯垢(しこう)を取り除くためには、正しいブラッシングが一番効果的なのです。また、歯石になると歯ブラシでは取れないので、歯科医に歯石除去(スケーリング)を施してもらわなければなりません。歯垢はたった2日で歯石となるので、短期間でも歯石は口腔内に蓄積されます。目に見えるトラブルがなくても、定期的に歯科を受診し、歯垢とともに歯石も除去してもらうのが、口臭や虫歯、歯周病を防ぐ有効な手段となります。歯垢の場合は、専用の染色液歯科材料によって歯垢を染め上げ、どこに磨き残しが多いかチェックしてもらい、歯科医や歯科衛生士から有効な歯磨き方法を伝授してもらいます。

歯石の場合は、スケーラーという専用の医療器具を使用し、歯の表面や歯周ポケットにこびりついた歯石をかきだすように除去します。

歯石がたくさんたまったいるからといって、必ずしも重い歯周病にかかるとはかぎりません。歯石がかなりたまっている人でも、それほで重症の歯周病ない人もいます。逆に、歯垢や歯石があまりたまっていない人で、かなり歯周病がすすんでいる人もいます。これは、とくに、若い人に見られる「若年性歯周炎」というもので、歯垢や歯石がそれほど多くないのに重症の歯周病です。これは遺伝性要因も関係しているといわれています。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp