登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 虫歯は遺伝するのでしょうか

虫歯は遺伝するのでしょうか

虫歯は遺伝するのでしょうか虫歯は遺伝で、親から受け継がれる……、なんて思っていませんか? わかります。その気持ち。「私が虫歯が多いのは親から遺伝したからだて思いますよね。私も「もしかしてそうでは?」って思った事があります。そこで、調べてみました。そしたが、どうやら「虫歯は遺伝しない」ようです。人が生まれた時は、虫歯を作る虫歯菌は口の中にいない と考えられています。となると、虫歯菌が居ないから、虫歯はできませんよね。でも、赤ちゃんでも虫歯になります。では虫歯菌どこからやってくるのか?ってなりますよね。実は子どもが虫歯になるのは、親の責任もあるのです。

親が虫歯が多いと、その子どもも虫歯が多くなりがち。「虫歯は遺伝する」。そう信じている人は意外と多いかもしれません。

ところが、これはまったくの間違いだと北原先生は言います。「歯並びや骨格が遺伝することはあっても、虫歯が遺伝することはありえません。なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯の原因菌であるミュータンス菌は存在しないからです」
虫歯は、細菌の感染によって引き起こされる、一種の感染症です。虫歯を引き起こす代表的なな細菌として、ミュータンス菌(ミュータンスレンサ球菌=mutans streptococci)が挙げられます。(歯科材料)虫歯菌は食べ物のカスなどが歯にくっついてできた歯垢(プラーク)に棲息し、長く歯の表面に留まります。

これら種々の虫歯菌が生産する「酸」によって、歯のカルシウムやリンなどの無機成分が溶け出し、エナメル質や象牙質が破壊され、最終的に歯根まで達して歯を崩壊させます。これが「虫歯」のメカニズムなのです。
これら種々の虫歯菌が生産する「酸」によって、歯のカルシウムやリンなどの無機成分が溶け出し、エナメル質や象牙質が破壊され、最終的に歯根まで達して歯を崩壊させます。これが「虫歯」のメカニズムなのです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、ミュータンス菌を持っていません。では、いったいどのようにしてミュータンス菌は赤ちゃんの口の中に侵入するのでしょうか?

よく虫歯は遺伝するといったことを耳にしますが、そんなことはありません。歯並びや歯の形、歯の質などは遺伝しますが、両親にどんなに虫歯が多くても、生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しないのです。赤ちゃんの口では、虫歯菌はリセットされた状態になります。この時点では、誰もが平等に虫歯のない子どもになる可能性があるのです。
しかし「親から遺伝しない」虫歯菌は、正確には、人(親など)から感染する(超音波スケーラー)のです。子どものために親切でしたことが、子どもの虫歯を作ってしまうかもしれません。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp