登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > かけがえのない歯や口の役割

かけがえのない歯や口の役割

人間が生きていく上で、必要不可欠なことはエネルギーの摂取です。栄養の補給がなければ人間の生命の維持は不可能です。効率よく食物からエネルギーを吸収するためには、食べ物を消化しなければなりません。その消化の第一段階が食物を細かく砕き、唾液と良く攪拌する、咀嚼と言う作業です。

虫歯や歯周炎が有れば、咀嚼機能は大幅に減少します。咀嚼機能を最大限に保つためには歯や口腔の機能の維持が重要です。歯が悪ければ美味しい食べ物も十分味わうこともできません。
歯は消火器の入り口であり、とても大切な器官です。

歯はエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄の組織(歯科材料)からできています。歯が口腔内に露出している部分を歯冠、歯冠より下の部分を歯根といいます。そして、歯の中心部には歯髄腔があり、神経と呼ばれる歯髄が通っています。歯にかかる衝撃を受け止め、あごにかかる力を吸収緩和するために、歯根部分の表面(セメント質)と歯槽骨は歯根膜という繊維性の結合組織で結びついています。歯は歯槽骨、歯肉、歯根膜の支持組織によって支えられています。超音波スケーラーは大事です。

栄養をしっかり吸収しやすくなり、胃や腸などの消化器官の負担を軽くします。「歯ざわり」「歯ごたえ」といった食感を感じて、食欲の増進につながります。

石や砂などの硬いものなど、食感で食べられるのものと食べられないものを判断し、体内に異物が侵入するのを防ぎます。

歯がきれいにそろっていると、はっきりしたきれいな発音ができます。唇や舌と一緒に発音を助けています。

歯があることで表情が豊かになります。歯がなくなると顎の骨や表情筋が衰えて、表情も乏しいものになってしまいます。歯があることで表情が豊かになります。歯がなくなると顎の骨や表情筋が衰えて、表情も乏しいものになってしまいます。

口腔は敏感で、繊細な動きをします。感覚や運動を司る脳の広い範囲が担当するため,噛むこと、味わうことなどで脳の広い範囲が働きます。さらに、食卓の彩り(視覚)、香り(嗅覚)、会話等とともに「おいしい」という価値判断を司る部分まで活性化されます。早寝早起きによる自然な空腹感のもとに、家族とともに。朝食をよく噛んで食べる習慣は、朝型の体内リズムを整えます。また、運動は呼吸や歩行にならぶ代表的なリズム活動で、こうしたリズム活動は、過度な興奮や不安を鎮めるとされている。脳内セロトニン神経活動を整え、安定した日中活動を支えています。

ガム等を噛むことで、イライラ感を低減し、ものごとに集中する助けになることがあります。ストレス刺激があると脳内ドーパミン含有量が増加しますが、噛む運動と一緒に同じストレス刺激を与えた場合。ドーパミンの過剰放出を防ぎ、脳内ドーパミン含有量を減少させ、ストレスの回避解消を助けます。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp