登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 日本ピストンリング医療機器に参入−人工歯根を試作

日本ピストンリング医療機器に参入−人工歯根を試作

 

同社の売り上げの9割程度は自動車関連。エンジンを構成する主力のピストンリングは車の電動化に伴い長期的には市場の縮小が見込まれる。部品の材料開発や加工技術のノウハウを強みに、20年をめどに医療向けで年10億円の売上高を目指す考えだ。

日本ピストンリングが試作した製品には、自社開発のチタンとタンタルを含有した形状記憶合金を応用した。ゴムのように弾性が強く加工しやすいのが特徴で、埼玉大学の協力を得て医療向け製品を試作。医療機器として薬事法の承認が得られれば、12年以降に外科医師や歯科医師、歯科医療機器メーカーに試作品や材料の採用を提案する。日本ピストンリング(6461) 医療機器分野に参入報道で値上がり。

日本ピストンリングは2012年度にも医療機器分野に参入すると日刊工業新聞で報じられ、値上がりしている。歯の治療に使うインプラント(人工歯根)を埼玉大学の協力を得て、試作した。自社開発のチタンとタンタルを含有した形状記憶合金を応用し、ゴムのように弾性が強く加工しやすいのが特徴とのこと。血管内部の根管治療に使うステントなど順次製品を増やす計画で、2020年に医療向けで年10億円の売上高を目指すと伝えている。

健康な歯で噛む力(咬合力)を100%として、喪失した歯を治療した場合、義歯では約30%に咬合力は低下します。インプラントの場合は、約7085%程度とされています。また、義歯の場合は取り外して清掃したり、硬い食品が噛めない、イチゴの小さな種が義歯の下に入ると食事中はずさねば痛いなど不便なことがあります。不安定な義歯でお困りの場合は、2本のインプラントを入れるだけで、義歯がしっかり安定する方法もあります。

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。 そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。 しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

もちろん、歯を失ったことで生じる影響は人それぞれ違うと考えます。それは具体的にどの部分の歯を失ったかによっても異なってくると思います。歯冠だけを失った場合には歯の見える部分もなくしたことになりますが、歯根も失った場合には、歯の見えない部分もなくしたことになります。歯根は歯を頸骨に固定し、歯冠をしっかりと支える部分です。歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせていくことになり、残った健康な歯が動いてきて、やがてしっかりと噛むことが出来なくなる恐れも出てきます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp