登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 顎関節症を治そう

顎関節症を治そう

顎関節症は、口を開いたときなど顎を動かす際に痛み違和感などを感じる顎関節における疾病の総称。放っておくと身体のゆがみの原因となり、全身に影響を及ぼすことも。顎関節症とは、顎の関節である「顎関節」に関する疾患で、1996年に日本顎関節学会は、「顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害または顎関節運動以上を主徴候とする慢性疾患の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包靭帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれる

『すこし違和感があるけど、いいや』と軽く見ないで、初期にしっかり治療することが大切。また、加齢による軟骨成分の減少も関わるため、日常的に関節の健康に必要な成分を補うこともおすすめですよ。

こちらに、関節や腱の滑らかさをサポートするグルコサミンコンドロイチンを補うサプリメントをご紹介しております。毎日の生活に摂り入れ、顎関節症の予防と軽減にお役立てください。

顎関節症は、口を開いたときなど顎を動かす際に痛み違和感などを感じる顎関節における疾病の総称。放っておくと身体のゆがみの原因となり、全身に影響を及ぼすことも。

『すこし違和感があるけど、いいや』と軽く見ないで、初期にしっかり治療することが大切。また、加齢による軟骨成分の減少も関わるため、日常的に関節の健康に必要な成分を補うこともおすすめですよ。

こちらに、関節や腱の滑らかさをサポートするグルコサミンコンドロイチンを補うサプリメントをご紹介しております。毎日の生活に摂り入れ、顎関節症の予防と軽減にお役立てください。

顎の上端(関節頭といいます)と上顎の骨のくぼみの間には、関節円盤という軟骨があります。この関節円盤はいろいろな方向に、種々の筋肉歯科材料で固定されていますが、関節の動きとともに下顎頭に連動して移動します。咬み合せの異常や外傷などにより障害が起こると、関節円盤を固定している筋肉に緊張が起こり、関節円盤が関節頭の動きとうまく連動できなくなります。そして、関節円盤がいわゆる「つっかえる」状態となり、痛みや口が開きにくいという症状がでるのです。

正確な口腔内カメラ検査により、異常な咬み合せがあるかどうかを確認する。異常な咬み合せがなければ、歯科医院で治療できる顎関節症ではありません。バイトプレートを装着して、症状が良くなるかどうかを確認する。バイトプレートを装着する目的は、緊張状態にある顎関節症をリラックスさせる。一時的に正常な咬み合せにして、症状がなくなれば、異常な咬み合せにより顎関節症が起こっていることが確認できる。(歯科医院により治療ができるということ)バイトプレートはずっと使い続けるものではありません。正常な咬み合せをつくる。これが最終ゴールです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp