登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯周病の原因と全身症状

歯周病の原因と全身症状

歯周病の原因、それは口の中の細菌です。では歯周病菌とは何なのでしょうか?

口の中には300〜500種類の細菌が住みついています。その中で歯周病を起こすような細菌は限られています。
一口に歯周病菌といってもそれは一つの細菌ではありません。歯周病菌は何種類もあるのです。これらの細菌は嫌気性菌と言われ空気との接触を嫌う菌です。口の中が不潔の状態になると歯の周りにこれらの細菌が集まり、細菌の巣を作ります。この細菌の巣をプラークと言います。超音波クリーナー は必要です。
日本人は、歯周病の患者さんが多いと言われています。平成17年度歯科疾患実態調査の結果から見ますと、全体から見ますと7割の人が罹患していますが、35歳から64歳未満の年齢層では8割の人が罹患しています。歯周病は、歯が抜ける最大の原因ですが全身に発展する可能性があります。この歯周病は体のイエローカードと言われています。 

歯周病菌やが原因となる感染症です。結果として、炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が溶け、歯茎がやせてしまいます。

虫歯についても、真剣に考えておく必要があります。虫歯を放置しておくと歯肉炎の原因となったり、 口腔外科による歯茎切開や抜歯等の根治手術を行うことにもつながります。非常にまれですが、 炎症が悪化して口腔ガンや舌ガンなどに発展するケースも否めません。昨今では、80歳までに自分の歯を20本は残そうという「8020運動」が国を挙げて大々的に行われています。
また当サイトでは、歯科に限らず隣接医学や、歯と関連が深い病気、健康一般・美容に関するサイトのリンク集や、福祉・生活支援に役立つサイトのリンク集、Q&Aを掲載していますので、是非ご活用ください。 超音波スケーラーはとても人気があります。

糖尿病やリウマチになると、細菌に対する免疫力が低下するため、歯周病が悪化します。

その反対に最近になって、歯周病になると、心臓病をはじめ呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいこともわかってきました。とくに心臓病は、歯周病と密接な関係があるというのです!感染性心内膜炎が、歯周病菌と関係することは以前から推測されていました。加えて2000年にカリフォルニア大学のマイケル・ニューマン教授(元米国歯周学会会長)が、心筋梗塞や呼吸器疾患、糖尿病などへの影響を指摘したことから歯周病への関心が急速に高まりました。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp