登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > キシリトールの副作用

キシリトールの副作用

キシリトールって、なんかいい点ばかりのように見えますよね。砂糖をとるのをやめて、全部キシリトールにしたら良いのではって思いますよね。キシリトールも、残念ながらいい点ばかりではないんです。残念ながら、キシリトールにも副作用があるんです。一般的に、キシリトールは体にとって害はないことが知られていますが、キシリトールを摂取しすぎると、下剤をすると言われています。そのため、摂取をしすぎない事が必要です。

キシリトールがむし歯予防に効果的なのは皆さんご存知かと思いますが、「何で?」聞かれて即答できる方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?むし歯予防になる理由は2つあります。むし歯の原因菌であるミュータンス菌に栄養として利用されに増殖を抑制する、清涼感のある甘さが唾液分泌を増やします。

 

むし歯とは、ミュータンス菌に代表されるむし歯の原因トールでは酸が作られません。しかも、ミュータンス菌の体内に取り込まれると、菌自体が持っているエネルギーを放出させてしまうので、力が弱って次第に菌の数が減っていくことになります。キシリトールを長期間(1日3回で3ヶ月)継続して摂ると、歯垢をすみかとするむし歯菌は減少、同時に活力を失っていき、歯垢が歯面からはがれやすくなることも知られています。また、歯菌は減少するために、歯科病院で超音波スケーラーを使わればよいです。

 

キシリトールは1891年に、ドイツの化学者であるEmil Fisherにより発見された。キシリトールは、イチゴ類やレタス、きのこ類など普通の食物にも含まれている。キシリトールはサッカロース(ショ糖)と同じくらい甘みがあり、カロリーは約2/3である。


人ではインスリンの分泌を殆ど刺激しないため、低炭水化物食を要する人達や、食品中のグリセミック・インデックスが気になる人達のための代用品として優れていると考えられている。 キシリトールは特定の細菌の増殖を防ぐことが知られており、子供の細菌性内耳炎の予防に使用されている。また口腔内カメラで研究すると、細菌が酸を作り出して歯の表面にダメージを与えるのを抑制することで、虫歯予防の目的でも使用される。このため、無糖ガムや歯磨き粉、その他の口腔ケア製品に多く含まれるようになってきた。

SONY CCD 口腔内カメラSONY CCD 口腔内カメラ

 

経口投与されたキシリトールの吸収性は、動物種によって大きく異なる。ヒトとラットでは、ゆっくりと吸収される(だからこそ糖アルコールの過剰摂取により浸透圧性下痢のリスクが高くなる)。ヒトでは口から摂取したキシリトールの49〜95%が吸収される。


一方、犬では口から摂取したキシリトールは、急速に、ほぼ完全に吸収される。血漿中の濃度のピークは摂取後約30分である。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp