登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口の乾燥が原因の口臭

口の乾燥が原因の口臭

口臭とは文字通り、「口が臭い」ことをいいます。会話をしていているときや、呼吸時に出されている息を他の人が不快に思うことを口臭といいます。この不快な口臭の原因は、90%以上が口腔内に原因があるとされています。

その中に口の乾燥による口臭もあります。これは口腔内の唾液の分泌量が低下することで口の中が乾燥することで、口の中がネバネバし不快に感じます。このドライマウス状態が原因で口臭の原因になります。

口の中を清潔に保つには唾液が必要です。唾液の分泌量が正常に保たれることで、口腔内は清潔で口臭が発生しにくくなります。しかし、唾液の分泌量がすくなくなることで口の中に細菌がいっぱいになるために、口臭が発生してしまう原因になります。また口の中が乾燥することで虫歯や歯垢や舌苔の原因のもとになります。

1)薬の副作用
副作用があるとして挙げられているものに抗ヒスタミン剤・抗うつ薬・抗項血圧薬・利尿剤があります。これらは主にアレルギー性鼻炎の薬に含まれています。

2)疾患
糖尿病や腎疾患といった自己免疫疾患を患っている方です。 口臭が気になる場合には医師とよく相談しながら、対処するようにしてください。

3)唾液腺
なんらかの炎症を起こすと唾液の分泌力が低下します。また加齢によっても唾液分泌力は低下します。 プラークコントロールをしっかりして、口臭予防を心がけるようにしましょう。

4)生活習慣
ストレスや睡眠不足は口内を乾燥させる原因となりますので、気をつけるようにしましょう。また、喫煙や飲酒も口内を乾燥させてしまいますので、できるだけ控えた方がよいでしょう。

これらの原因のなかで最も多いのは「薬剤の副作用」で、患者のほぼ半数にみられます。抗アレルギー薬や降圧剤、利尿剤、向精神薬などが原因薬剤となります
「シェーグレン症候群」は口の乾き・目の乾きが主症状で、唾液腺や涙腺など、外分泌腺にリンパ液浸潤をきたす自己免疫疾患です。シェーグレン症候群の方が全てドライマウスというわけではなく、口や目、その他の粘膜が乾燥する場合は、シェーグレン症候群の可能性があるといえます。。
唾液の分泌量が正常に保たれていると、口腔内が清潔に保たれるために口臭は発生しにくくなります。唾液と言うのは口の中の清潔さを保つ上で重要な役割を担います。超音波スケーラーは必要です。
しかし その分泌量が少なくなってくると 口の中が細菌でいっぱいになるために口臭が発生してしまうという結果になります。
また口腔内カメラで検察すると、口の中が乾燥すると口臭の発生の他に虫歯や歯垢、舌苔の原因ともなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp