登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 肝臓と口臭の関係

肝臓と口臭の関係

 肝臓機能の低下が口臭の原因になるというちょっとショックな話しです。そもそも体内の食べ物は胃で消化され、腸で栄養素を吸収し、分解されてから血液とともに肝臓に搬送されます。この時、食べ物の臭い物質は肝臓の働きによって分解されてしまうので、悪臭として体外に発せられることはありません。口腔内カメラでけんさしよう。

しかし、肝臓の機能が何らかの原因で低下していると、分解されずに残ったにおい物質は肺までまわり、悪臭を持つ口臭として口から排出されるのですね。肝臓が原因の口臭は独特の悪臭を放ち、「ネズミ臭」と呼ばれることもあり、さらに重症化すると口臭はかび臭さや卵が腐ったような臭いを発するようになります。

肝臓も口臭発生に関係しています。
肝臓の働きが正常の場合は、におい物質は分解され、病的な口臭は発生しません。慢性肝炎などで肝臓の働きが落ちてくると、分解しきれないにおい物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となってあらわれます。肝臓に問題がある場合の口臭は「ネズミ臭」といわれ、口の中が苦くなる特徴があります。
さらに重症になると、カビ臭や腐卵臭とニンニクの混ざったにおいがします。 肝臓が原因の口臭かな?と気になることはありませんか。加齢+生活習慣や内科系の病気(肝臓が原因の口臭)を原因として、気になるニオイが発生するときがあります。体調不良が続くときに、口の気になるニオイを感じるときは、内科系の病院でチェックしてもらいましょう。

口臭予防はエチケットとしても大切ですね。口の気になるニオイは、内科系の病気のサインの場合もあります。不快臭が気になるときは、本当にニオイがあるのか自分でチェックしてみませんか。口内の不快臭か、それとも内科系の病気(肝臓が原因の口臭など)を原因としたものか、早めに原因を調べて改善することが大切ですね。

内科で肝臓の検査を受けてみる事をお勧めします。食べ物が分解され 肝臓に送り込まれた時、口臭の元となる物質も肝臓に送り込まれます。代謝によって普通は排泄されるものが、肝臓の動きが低下する事によって分解しきれなくなり臭いが発生してしまうと言う事になります。超音波スケーラは大事です。

この時に発生する臭いは、口の中が苦くなるような感覚があり ネズミ臭とも言われています。更に口臭が悪化すると卵が腐ったような臭い、カビの臭いや、それにニンニクが混ざったような臭いがします。肝臓を正常に戻しても口臭が治らない場合は、歯槽膿漏や歯周病など 口の中に原因があるとも思えますので、歯磨きなどのケアはこまめにするようにしましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp