登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > クラウンとインレーは何か

クラウンとインレーは何か

義歯に最適な素材と言われているゴールドを使用。歯との適合性もよく、かみ合う歯を痛めにくい素材です。硬すぎず、軟らかすぎない素材のため、歯を痛めません。また腐食による変色もなく、長期にわたって安全にご使用いただけます。 

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」「被せ物」といった呼ばれ方をしています。比較的大きな虫歯を根管治療した後や、治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなくインレー、詰め物による治療となる場合もあります。奥歯の歯と歯の間のむし歯が比較的大きな場合、型取りし、詰め物を作製します。
咬む力がかかるため保険では、金属の詰め物になります。 強化型プラスチック(ハイブリットレジン)もしくは、焼き物(ポーセレン)を使用すれば、歯の色の詰め物が可能です。保険適応外のため、自費治療となります。 

持ちに関しては、歯科材料に加えて歯科医のテクニックやその後のメインテナンスが非常に大きく関わってくるので、必ずしも上記のようになるとは限りません。
ただし、金が最も適合が良く長持ちする材料だということは証明されています。 

見た目 

1位 セラミックインレー
 2位 ハイブリッドセラミックインレー
 3位 コンポジットレジン充填
 4位 保険のインレー
 5位 ゴールドインレー
: ほとんど変色しない。最も天然の歯に似ている。

: 多少変色する。色調はインレー(セラミック)に劣る。
: 変色する。
: 銀色。
: 金色。(白金加金はほぼ銀色)


 持ち 

 

1位 ゴールドインレー

: 最も適合が良い材料だと言われています。
: 溶けないセメントを使います。
: 溶けないセメントを使いますが、割れやすいです。
: 平均使用年数5.4年。(トラブルが出てくるまでの年数)
: 平均使用年数5.2年。(トラブルが出てくるまでの年数)


 2位 ハイブリッドセラミックインレー
 3位 セラミックインレー
 4位 保険のインレー
 5位 コンポジットレジン充填

 

クラウンとは歯質の一部または大部分が、う蝕あるいはその他の原因によって欠損している場合に、処置する歯冠のすべての面を切削し、金属または歯冠色材料で被覆して歯の形態・機能・審美性を修復するものです。

つまり虫歯や外傷などで歯の形の大部分が欠けてしまったりした場合などに土台となる歯の形を整え新しい歯の形・色を作製し装着する(かぶせる)ものです。このことからクラウンが一般的に“かぶせ”ともよばれています。 一方、よく言われる“さし歯”もクラウンの一種ですが厳密には異なるものを指します。見た目には同じように見えるので“差し歯”という呼ばれ方が一般的には定着していますが、現在ではあまりこの方法は用いません。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp