登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > クラウンの種類と特徴

クラウンの種類と特徴

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」「被せ物」といった呼ばれ方をしています。

比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなく詰め物による治療となる場合もあります。 クラウンには金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。

また、保険外のクラウンの場合は、歯科医院によって取り扱っているものと取り扱っていないものがあります。 クラウンはどこにいても、明るく楽しい雰囲気を作り出し、観る人をひきつけます。ここで大事な点は、自分たちをいつもお客様の側に置いていることです。
以下、クラウンのキャラクター特性を挙げてみると ・・・
◇時代や場所を選ばない普遍的なキャラクター
◇誰にでも共通のイメージを抱かせることができる
◇長期に使用しても色あせない
◇ビジュアル的な色彩、表現が豊か
◇子供たちには夢を与える得意なキャラクター(ぬいぐるみ、ヒーロー等
  と類似)
◇大人たちには忘れかけていた゛何か゛を想起させてくれる
◇とにかく目だって人の関心を集める
◇観客に「何かやってくれるゾ」という期待感を抱かせる
◇観客との双方向のコミュニケーションを図ることができる
◇幸福、笑い、エンターティメントといった人間的なやわらかさを自然に  感じさせることができる。 

歯科材料の中では最も審美的なかぶせもの。本物の歯に近い色調を再現でき、透明感のある美しさをいつまでも保つ。 金属アレルギーの心配が無い(体に優しい素材)。 歯科用材料の中では最も審美的なかぶせもの。本物の歯に近い色調を再現でき、透明感のある美しさをいつまでも保つ。 金属アレルギーの心配が無い(体に優しい素材)。 

レジン(プラスチック)とセラミックス(陶材)を、混合=ハイブリッド下最新の素材。 すべての歯に使えますが、セラミックよりは質感が落ちるため、前歯よりも奥歯に適しています。 レジン(プラスチック)とセラミックス(陶材)を、混合=ハイブリッド下最新の素材。 すべての歯に使えますが、セラミックよりは質感が落ちるため、前歯よりも奥歯に適しています。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp