登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 義歯治療について

義歯治療について

義歯残った歯にバネや金属冠をかぶせて維持装置にして力を負担してもらうことになります。 そのため、この負担をなるべく軽くする工夫が必要で、装置が複雑になる傾向にあります。また、バネや金属冠歯科材料は維持力を発揮するためアンダーカットや摩擦力を利用しているので使用しているうちに 維持力低下の問題も出てきます。

歯のなくなり方の違いで、歯と歯の間の部分で補う中間歯欠損と一方の歯しかない遊離端欠損、 さらに、後方に歯があるが前歯がない前方遊離端欠損がありそれぞれについて治療方針が違います。
義歯は、少なからず義歯の下の歯肉に負担をかけ、歯肉の下にある骨の吸収が起きます。義歯になったらインプラントにしない限りその部分は一生義歯なわけです。義歯の治療で一番大切なのは 義歯の下の骨の吸収を最小限にする工夫です。

口腔内カメラで、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンで覆う、まったく新しい入れ歯技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯をグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、おどろくほどの吸着力発揮し、「痛い・噛めない・はずれやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。 

咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。実際、義歯の咬み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣が戻ったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。 

咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。実際義歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣がもどったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp